家

忍び寄る害獣から我が家を守ろう|コウモリ駆除の業者へ依頼

コウモリによる害獣被害

コウモリ

日本には様々な害獣がおり、コウモリもその1つとなっています。しかし、全てのコウモリが害獣という訳ではなく一部の住居等に住み着いてしまうイエコウモリと分類されるものが害獣と扱われ、コウモリ駆除の対象となるのです。日本で最も多いコウモリにアブラコウモリと呼ばれるものがいます。このアブラコウモリはイエコウモリの中でも代表的で、最も被害をだしている種となっています。
アブラコウモリが住宅等の屋根に空いた小さな穴や隙間に入っていくのを見かけた際にはコウモリ駆除専門業者に連絡することをお勧めします。アブラコウモリは非常に小さいコウモリで、住宅等にある2cmから5cmの穴や隙間から入り込むことが可能で、屋根等の屋内に住み着きます。早い段階でコウモリ駆除専門業者に依頼しない場合には、屋根裏で繁殖を繰り返し場合によっては100匹以上が屋根裏に住み着いていたということも有り得ないことではないのです。また、アブラコウモリが害獣とされる理由は住宅等に住み着くからだけではありません。住み着いた際に発生させる糞尿の汚染による被害により害獣とされているのです。糞尿は衛生面においても非常に悪く、その量によっては天井から染みだしてくるといったこともあります。また、その糞はダニやノミが発生する原因となるため、発生したダニやノミによる二次被害も避けられないでしょう。繁殖し数が増えることでこういった被害はより酷いものとなります。アブラコウモリは法律により殺処理が認められていないため、駆除する際には追い出すしか方法がありません。個人の力だけで追い出すことも可能ですが、その際の労力は計り知れないでしょう。また、アブラコウモリの侵入する2cmから5cmの穴を全て見つけだすことは非常に難しいです。そのため、コウモリ駆除専門業者への迅速な連絡が必要となるのです。コウモリ駆除専門業者は、経験や知識を活かして迅速にアブラコウモリを追い出し、全ての侵入口を見つけ出して塞ぐことが可能なのです。忍び寄る害獣から我が家を守りましょう。

駆除業者の選び方

作業員

家の近くにスズメバチ等の蜂の巣ができてしまった際には蜂駆除業者に依頼して退治してもらう必要があります。しかし、しっかりとした駆除業者を選ばなければ高額請求をされてしまうかもしれません。

Read More...

鳩による害鳥被害

男性

鳩というのは日常生活において毎日目にすることのできるほどポピュラーな生き物ですが、その実態は迷惑な害鳥なのです。鳩を駆除すべき理由を知ることで、これからの対策について考える機会ができるでしょう。

Read More...

外来生物による害獣被害

男の人

日本には様々な外来生物がいますが、その中でも人間の生活に被害を及ぼす害獣とされるアライグマは問題視されています。アライグマは凶暴性の高い生き物なので専門の駆除業者に依頼して退治することをお勧めします。

Read More...